習志野市国際交流協会



新型コロナウイルス感染症に関連し、開催予定の学習会、イベント等の事業を4月12日まで中止します。
今後の習志野市の施設利用に係る方針によっては延長となることもあります。

【中止するもの】

各曜日の日本語教室

ALTチャット

梅花会

【事務局窓口にて受付業務は継続します】

協会会員新規登録・登録内容の変更・退会の受付

日本語教室の受講申込の受付

問合せ:当事務局へ電話もしくはメール

関連リンク先:https://www.city.narashino.lg.jp/kenkofukushi/yobosesshu/koronauirusu.html

日本語教室からのお知らせ

「ふれあい掲示板NEWS」3月号を発行しました。

2020年タスカルーサ青少年訪問団受け入れホストファミリーを募集します

詳細を見る

ホストファミリー登録票

ホストファミリー登録票記入方法

2020年度語学講座受講生募集のお知らせ

韓国語、中国語、英語(2クラス)の講座を5月より開講します。

詳細を見る

受講申込書

2020年度「習志野市青少年海外派遣事業」
習志野市内在住の高校生を募集!

派遣期間 2020年7月21日(火)~8月3日(月)
派遣先 アメリカ合衆国アラバマ州タスカルーサ市
募集人数 4名程度
応募資格 2020年4月時点で市内在住で高等学校に在籍する者
応募締切 2020年3月10日(火)

詳細を見る

申込書・自己申告書はこちらから

2020年1月12日(日)派遣生徒交流会

姉妹都市青少年受入の紹介、派遣生の体験談など

詳細を見る

姉妹都市青少年受入事業
ボランティアを募集します

2020年夏、アメリカ・タスカルーサ市から20名の高校生が訪問します。
・習志野市内観光等の付き添い・東京スカイツリー観光の付き添い・習志野市内高等学校見学の付き添い・歓迎会etcの設営、準備の手伝い他、私たちと一緒にボランティアをしませんか。

詳細を見る

日本語教室からのお知らせ

「ふれあい掲示板NEWS」2月号を発行しました。

はばたけ国際社会へ ~国連の望む人材~

国際連合 テクニカルアドバイザー 吉村和就
(習志野市国際交流協会 副会長)

詳細を見る

2020年タスカルーサ市「桜まつり」 アラバマ大学主催俳句コンテスト
テーマ:調和(Unity)

募集部門 小学生1年~3年、小学生4年~6年、中学・高校生、成人
表彰 部門別の入賞者にアラバマ大学から賞状が授与されます
留意事項 作品が未発表のオリジナルに限られ、一人一点応募できます
応募方法 2020年1月31日(金)までにNIA事務局へ作品をお届けください

応募用紙(小学生から高校生まで)はこちらから

応募用紙(大学生を含む成人)はこちらから

第59回世界の料理教室が開催されます

日時 2020年3月19日(木)10:00~
場所 菊田公民館 調理室
申込 習志野市国際交流協会事務局

詳細を見る

会報「スクウェア」128号が発行されました。

こちらからカラー版がPDFでご覧になれます。

詳細を見る

国際交流・協力等ネットワーク会議~国際理解セミナーに
参加しました

野中泰子 (国際交流部会)

 2019年10月28日(月)、(公財)ちば国際コンベンションビューロー、千葉県国際交流センター主催の「国際交流・協力等ネットワーク会議~国際理解セミナー」が千葉市の千葉県教育会館で開催され、当協会から国際交流部会員3名と事務局長が参加しました。
 千葉県内の自治体、国際交流協会、日本語教室などの民間団体等から約50名が集い、情報交換、意見交換を行いました。県内他地域の様子を知り、共通の目的や問題意識を共有するなど、非常に有意義な会議でした。

詳細を見る

姉妹都市タスカルーサを英語で学ぼう!
-----NI-Youthが新活動を始めました

島田早織 (NI-Youth)

 昨年(2019年)の4月から、新しくNI-Youth向けの英語チャットが始まりました。"アラバマ州出身のALT(外国語指導助手)と英語で姉妹都市タスカルーサについて学ぶ"ことを目的として、月に2~4回程度1時間の間に英会話やゲームを行っています。参加者は高校生から大学生が多く、普段は英語を話す機会がない人も、同年代の人と一緒に定期的に英語を話すよい機会になっていると思います。興味がある学生の皆さんはぜひ一度いらしてみてください。

詳細を見る

国際交流部会とNI-Youthが「実籾ふる里祭り」に参加しました

野中泰子 (国際交流部会)

 国際交流部会は11月3日(日)、京成実籾駅前商店街で開催された「実籾ふる里祭り」に参加しました。テントに設けたブースで、写真などの資料を使って姉妹都市タスカルーサ市との交流活動の紹介や、子ども向けクラフト教室を行いました。
 小雨が降る時間帯もありましたが、延べ100名近い方が訪れました。子どもにはクリスマスツリーに飾る雪だるまのオーナメント作りを楽んでもらい、大人には、部会員が高校生受入派遣事業の説明を行いました。訪問者の中には、来年夏タスカルーサ市から高校生が来る時のサポートボランティアや、将来子供の派遣への参加に興味を持つ方もいて、収穫の多いPR活動となりました。

詳細を見る

実籾ふる里祭りで楽しく地域交流、NI-Youthの仲も深まりました

谷口真里奈 (NI-Youth) 

 11月3日の実籾ふる里祭りで、NI-Youthは、タスカルーサ市青少年派遣事業や今まで行ってきたいくつかのイベントの資料展示、小さい子ども向けのゲームを用意しました。今回のイベントを通して、NI-Youthに新しく入った人たちとも仲良くなれて良い機会だったと思います。これからもこのような活動を通していろいろな人と交流しつつNI-Youthの仲も深めていきたいです。

詳細を見る

日本語教室からのお知らせ

「ふれあい掲示板NEWS」12月号を発行しました。

明治の洋館建築の素晴らしさにため息
-----赤坂迎賓館と防災体験のバスツアーに参加しました

神鳥文子 & サトウ・ルビー (日本語教室部会)

快晴に恵まれた11月10日(日)、NIA主催の迎賓館赤坂離宮参観と防災体験学習のバスツアーに参加しました。外国人学習者、ボランティア、スタッフ、総勢40名と盛会でした。明治時代の素晴らしい国宝洋館建築である迎賓館の中を回りました。大ホールの深紅のカーペットと大理石の床や、輝くシャンデリアの下をゆっくりと鑑賞しながら歩きました。

詳細を見る

クイズやジェスチャーでゲームを楽しみました
-----英語チャットのハロウィンパーティーが開かれました

三代川 朋子(国際交流部会)

10月28日(月)、サンロード6階大会議室にてチャット参加メンバーがハロウィンパーティーを楽しみました。
 参加者は、ALT(外国語指導助手)3名(ダンカンさん、ジョンさん、ケイティさん)、会員12名、ユース2名の全17名。ハロウィンらしく、皆さん思い思いの仮装でパーティーを演出し、小学生のお子さんは有名アニメキャラクターになりきって参加するなど、幅広い年齢層での交流が行われました。

詳細を見る

興味や自信につながる大切な機会
-----日本語教室が谷津南小の「どひゃっと祭り」に参加しました

伊東稔雄 (広報部会)

今年度の「どひゃっとまつり」が谷津南小学校において、11月16日(土)に開催されました。当日は、校庭、体育館や教室においてさまざまなイベント等が催され、大盛況の1日となりました。
 日本語教室部会の「世界を知ろうサポートプラン」が中心となり、日本語教室で学ぶ外国人学習者や地域に住む外国の方(11の国と地域)とともに参加、子どもたちとの交流が図られました。

詳細を見る

華道教室に参加して
-----日本語教室で華道体験教室が開かれました

フィン・ティエン・キム (ベトナム、水曜教室) 

おはなたいけんきょうしつにさんかしました。日本のいけばなははじめてです。
 日本のいけばなはきれいです。それぞれはなのいちはとくにいみがあります。いちばんたかいのはちちです。にばんたかいのはははです。さいごはこどもです。さくひんはかぞくとおなじです。
 ベトナムにもいけばながあります。でも私はべんきょうしませんでした。ときどきじぶんのやりかたでやりました。ですからきれいじゃありませんでした。
 おはなたいけんきょうしつにさんかして、先生にやりかたをおしえてもらって、いまはちょっといけばなをしりました。

詳細を見る

知名度を上げ、新メンバーの加入を目指して
-----NI-Youthがハロウィンパーティーを開きました

渡邉 樹 (NI-Youth)

10月27日(日)、NI-Youthは周知活動の一環としてハロウィンパーティーを開催しました。参加者はアメリカや中国の出身者も含む総勢11名。NI-Youthのfacebookを見て興味を持った留学生も来てくれました。パーティーの始めに、この日新参加の方や現行メンバーに向けて、NI-Youthの活動理念や活動内容の紹介、今取り組んでいることやこれからどんなことをしていきたいかなどを話しました。その際に出された疑問点への質問や改善点の指摘は、今後の活動に向けて非常に有意義だったと思います。

詳細を見る

SDGsの視点から地域国際交流を考えよう
-----国際交流部会が勉強会を開催しました

原リーあんず (国際交流部会長)

9月14日(土)、サンロード津田沼6階大会議室で、国際交流部会主催による協会員向け勉強会『SDGsの視点から地域国際交流を考えよう』が行われました。これまで4月より毎月1回、神田外語大学の石井雅章さんを講師にお招きしてワークショップを行ってきましたが、今回は最終回として、『SDGsを自分ごと化するためのワーク』を通して、習志野市の国際交流について考え、学びました。この日は10代から70代までの協会員と関係団体から計25名が参加し、グループワークとディスカッション、最後に石井さんによる全体説明で、たっぷり3時間を楽しく有意義に過ごすことができました。

詳細を見る

日本語教室からのお知らせ

「ふれあい掲示板NEWS」11月号を発行しました。

会報「スクウェア」127号が発行されました。

こちらからカラー版がPDFでご覧になれます。

詳細を見る

日本語教室からのお知らせ

「ふれあい掲示板NEWS」10月号を発行しました。

実籾ふる里祭りに参加します

地区住民の3世代交流を目指して毎年行われる「実籾ふる里祭り」に、国際交流部会とNI-Youthが合同でブースを出展します。2020年夏タスカルーサ姉妹都市交流派遣受入事業のPR、親子アートワークショップ、元派遣生によるアルバム紹介など、地域交流を通してホストファミリーや派遣生募集を呼びかけます!
11月3日(日)11時~16時 実籾駅周辺

新しい交流を築くプロジェクトの成功を実感した旅
-----NI-Youth有志がタスカルーサを訪問しました

原リー海渡 島田早織 (いずれもNI-Youth)

8月5日から15日までNI-Youthを代表して、金井勇樹、島田早織、原リー海渡、渡邉樹の4人が、習志野市の姉妹都市アメリカアラバマ州のタスカルーサ市に行ってきました。今回の訪問の目的は、NI-Youthの活動と貢献を通じて、タスカルーサ市と習志野市の間の持続的な関係を築くため、新しい人脈作りと課題探しです。この訪問を通して、何より多くの貴重な出会いがあったことが嬉しかったです。今後私たちNI-Youthが新しいコネクションを築き、新しいレベルでの交流を試みることで、その絆はさらに強まるに違いないと思います。この訪問の実績がNI-Youthをさらなる活躍へと導いてくれると実感しました。

詳細を見る

目を輝かせて踊る子供たちが印象的でした
-----日本語教室の親睦会が開かれました

岡田正之 (日本語教室部会)

8月24日(土)、日本語教室の親睦会がサンロード津田沼6階の大会議室で開かれました。日本語学習者とその家族・友人、そしてボランティア、あわせて103人が参加しました。それぞれ浴衣に着替え、しばらく歓談の後、京成津田沼駅前ロータリーで行われた恒例の津田沼盆踊りに参加しました。外国人学習者たちも市民の人たちに混じって踊りの輪の中に入り、上手に踊っていました。

詳細を見る

ホストファミリー説明会が開かれました

野中泰子 (国際交流部会)

国際交流部会では姉妹都市タスカルーサ市から2年毎に派遣される高校生のホストファミリーを通年で募集しています。その周知活動の一環として、8月24日(土)、谷津コミュニティセンターにて「ホストファミリー説明会」を開きました。
 会場には16名の市内の方が集まり、「姉妹都市交流事業の説明」「ホストファミリー経験者の体験談」「習志野市からの元派遣高校生の交流体験談」「子供のためのクラフト教室」「ネイティブによる英語絵本の読み聞かせ」の5つのブースを順番に回りました。

詳細を見る

太巻きカットで歓声の「房総の祭り寿司」
-----第57回世界の料理教室が開催されました

佐藤洋子 (広報部会)

世界の家庭料理の体験を目的に、年2回開催されるNIAの料理教室。今回6月28日は日本の家庭料理がテーマで、「房総の祭り寿司」作りを菊田公民館にて行いました。
 講師は、日本語教室のボランティアとして活動中の田村睦子さん。房総の祭り寿司は、もう5年ほどやっているベテランです。参加者15名(日本語教室学習者3名、日本人12名)。メニューは、「バラの花」と「〝の″の字巻き」です。日本人でも、作る機会はそうないかもしれない太巻き祭り寿司。日本語学習者たちも日本人参加者たちも、とても楽しんでくださった様子でした。

詳細を見る

国際交流部会とNI-Youth有志が
「ごみゼロ運動」に参加しました

坂本智子 (国際交流部会)

5月30日は日本全国ごみゼロの日です。習志野市ではごみゼロ(530)にちなんで、毎年5月最終日曜日、市内全域で一斉ごみゼロ運動を実施しています。令和元年度「市内一斉ごみゼロ運動」は5月26日(日)。国際交流部会とNI-Youthの有志は、津田沼一丁目公園(通称SL公園)で行われたごみゼロ運動に参加しました。日頃なかなかお会いする機会がない団体の皆さんとコミュニケーションを取りながらの清掃活動は、街をきれいにすることはもちろん、普段活動する地域への感謝や地域団体との繋がりの大切さを経験する有意義な時間となりました。

詳細を見る

習志野市国際交流協会 会員の皆様へ!

会員間の交流を深めませんか?
日本語教室部会親睦会の前に会員交流の場を設けました。

日時 2019年8月24日(土)13:00~15:00
場所 サンロード津田沼6階 大会議室
申込 不要
参加費 無料

日本語教室からのお知らせ

「ふれあい掲示板NEWS」8月号を発行しました。

ワークショップやサンバ踊りでNIAをアピール
-----市民まつり「習志野きらっと2019」に参加しました

清水繭子(国際交流部会)

7月14日日曜日、習志野市民まつり「習志野きらっと2019」に参加しました。今年も姉妹都市タスカルーサ市との交流事業およびNIA活動のPRを行いました。広報部会は交流事業のパネルを展示、国際交流部会は首からかける「かき氷模様のうちわ」を作るクラフトワークショップの開催、NI-youthは、今までの活動をまとめたアルバムの展示と、模造紙に描かれた笹の葉にメッセージを書いてもらう七夕イベントを行いました。夕方には雨もやみ、NIAチームのパレードがスタートしました。皆さんリズムに合わせて踊り、楽しそうでした。沿道の子どもたちも私たちと一緒に踊ってくれました。華やかなサンバパレードでした。

詳細を見る

「一歩を踏み出そう!」素晴らしいスピーチの数々
-----日本語教室の七夕とスピーチ茶話会が開かれました

渡部一之(日本語教室部会部会長)

♪♪ささの葉さらさら、のきばにゆれて、お星さまキラキラ、きんぎん砂子♪♪
「たなばたさま」の歌を参加者全員で歌って、今年も日本語教室恒例の「七夕とスピーチ茶話会」が始まりました。7月1日の月曜教室、3日の水曜教室、4日の木曜教室、6日の土曜教室、全ての教室でそれぞれ催されました。会場はサンロード6階の会議室。会場には、当日の朝、あいにくの雨の中、切り出して来た大きな笹竹と、正面に七夕さまの飾りつけが設えられて、七夕会の雰囲気を作っています。

詳細を見る

ブースいっぱいに広がった子供たちの笑顔
-----ふれあい祭が谷津干潟で実施されました

山本美代子(文化交流部会副部会長)

習志野市国際交流協会は6月8日(土)9日(日)、「谷津干潟の日フェスタ」に参加して「ふれあい祭」を実施しました。雨模様のため心配していましたが、雨にもあたらず大勢の方に楽しんで頂いた2日間でした。イベントの内容は、親子ワークショップ、フラワーアレンジメント、中国切り紙、NI-Youthによる折り紙です。2日間、子供たちの笑顔がブースいっぱいに広がり、私たちは沢山の元気をもらいました。さらに子供がイベントに参加をしている間に、付き添いの保護者に対して国際交流協会の情報発信することもできました。

詳細を見る

書道教室に参加して
-----日本語教室で書道体験教室が開かれました

大庭パトリシア智恵美(ブラジル、水曜教室)

6月6日に、外国人のための書道教室がありました。書道教室では、書道の先生が私たち外国人の生徒たちに一生懸命書道を教えてくれました。先生に珈琲という字のお手本を書いてもらい、それを見ながら筆を先生と一緒に持って練習しました。日本語教室の先生たちも外国人の生徒の皆さんにサポートしていました。
 私は書道が初めてでしたが、皆さん優しくて安心しました。書道はとても楽しかったです。

詳細を見る

2019年度日本語ボランティア養成講座開講のお知らせ

期間 8月29日~12月12日、毎週木曜
時間 午前9時30分~午後0時30分(3時間)
会場 菊田公民館 及び サンロード津田沼 会議室
定員 20名
締切 7月27日(日)に変更になりました

詳細を見る

講座申込書はこちらから

会報「スクウェア」126号が発行されました。

こちらからカラー版がPDFでご覧になれます。

詳細を見る

日本語教室からのお知らせ

「ふれあい掲示板NEWS」7月号を発行しました。

第26回市民まつり「習志野きらっと2019」が開かれます

今年はNIAブースの出店もあれば、NIAチームでのサンバパレード参加もあります!一緒にきらっとサンバを踊りませんか?

日時 2019年7月14日(日)9:00~21:00
会場 習志野市役所敷地内等

サンバチームの参加申し込みやお問い合わせは事務局へ

SDGs勉強会が開かれます

『SDGs』から学ぼう!会員それぞれが主体的なボランティア活動を目指せる協会づくりへ!をテーマに、国際交流部会主催の会員勉強会です。興味のある方どなたでもご参加ください。

日時 2019年9月14日(土)14:00~17:00
場所 サンロード6階大会議室
講師 石井雅章氏 (神田外語大学 言語メディア教育研究センター長・准教授)
専門は環境社会学。
市民や自治体、企業向けに様々なSDGsワークショップを開発・実践し、
SDGsの「自分ごと化」のための活動に取り組んでいる。

参加申し込みやお問い合わせは事務局へ

津田沼盆踊り大会で日本語教室部会が親睦会を行います

外国人学習者と日本語ボランティアのみなさん!今年もゆかたを着て盆踊りに参加し、市民のみなさんと交流しましょう。家族・友人も参加できます。ゆかたの着付けも指導します。

日時 2019年8月24日(土)16:00~21:00
会場 京成津田沼駅前広場

ゆかたの貸与に協力をお願いしています。参加お問い合わせは事務局へ

習志野市国際交流協会のTシャツができました

いろいろなイベントに参加する際にこれを着て、連帯感を高め、協会をアピールしましょう。事務局にあるカタログから色を選んでご注文ください。

価格 コットン1,000円、ドライ1,200円(いずれも税込み)
サイズ S, M, L, LL(男女兼用)
コットンは全35色、ドライは全17色よりお選びください。
(ロゴは黒、または白のどちらかになります)

詳細を見る

認知度の向上と新しいつながりが実現
---- NI-Youthが国際フェスタCHIBAに参加しました

原リー海渡(NI-Youth)

 5月19日(日)、神田外語大学にて、「国際フェスタCHIBA」が開催され、NI-Youthはブースを出展して参加しました。目的は、千葉県内における国際団体との連携と、NI-Youthの活動の認知度向上のためです。今回は全体的にNI-Youthにとっては、PR活動によって認知度の向上や他団体とのつながりが実現できてとても良かったと思います。
 現在NI-Youthは登録メンバー23名と小さい組織ですが、学生中心のグループとしては、今回のように認知度の向上とともに新しいつながりができることが、グループの成長につながると思います。

詳細を見る 詳細ページに英文併記

外国人と共に防災を学ぶ、地域の防災セミナーに参加しました

野中泰子(国際交流部会)

 5月12日(日)、「外国人にもわかりやすい地域住民のための防災セミナー」が公益社団法人習志野青年会議所の主催で開催され、国際交流部会がNI-Youthと共に協力しました。セミナーは、
① 講演:日本の地震の特徴、地震発生時の対応、災害説明
②  防災グッズ案内と非常食試食:家庭で使用できる最新グッズの案内、お湯や水で作れるレトルト食品の試食
③ 実演:家庭にあるレジ袋を使って三角巾・おむつ・簡易トイレを作る
④  地震体験:起震車に乗り実際に起きた地震の揺れを体験
の4種類のブースで構成されました。

詳細を見る

多文化共生やパートナーシップをモットーに
----2019年度、国際交流部会の新たな試み

原リーあんず(国際交流部会長)

 国際交流部会は、今年度からNI-Youthが加わり、これまでの外国人支援部会から英語チャットと中国語サークル「梅花会」の引き継ぎもあり、部会の活動がより活性化します。
 まず、多文化共生やパートナーシップを部会活動のモットーに掲げ、各部会員それぞれがより主体的に楽しく活動できる環境づくりに努めます。具体的な活動としては、
① 地域交流の場での姉妹都市事業のPRと2020年の青少年派遣受入に向けた準備
② ホストファミリー通年募集のための勉強会と懇親会の実施
③ 次世代新会員獲得のための学生やファミリー向けサポート交流イベントの開催
④ 異文化交流イベントとして国際交流サロンを開催
⑤ 外国人対象の災害時支援に向けたネットワーク作り
などを目指します。

詳細を見る

新年度の活動は楽しさ・やりがい・成長を求めて
---- NI-Youth2019の抱負

金井勇樹(NI-Youth代表)

 NI-Youthは習志野市国際交流協会の青年組織で、大学生・高校生が集まって活動しています。私たちは昨年度、それまでの活動を見つめなおし、習志野市でどう活動していくべきか、新メンバーを増やすためにはどうすればいいか、などを話し合いました。また、他のボランティア団体と活動することでNI-Youthの認知度をあげることにも力を入れました。今年度は認知度も上がりメンバーも増えてきたので、新事業の計画や他団体との活動に加え、さらに活動を増やしていく予定です。

詳細を見る

タスカルーサ市国際姉妹都市協会主催
2019年アートコンテスト入選作品が発表されました

テーマ :
地球市民、困難を乗り越える力を持つ社会
Global Citizens : Resilient Communities

中学校の部

佳作
後藤田 理奈 東邦大学附属東邦中学校
みんなの方舟 Everyone's ark

高等学校の部

1位
田辺 眞彩 習志野高等学校
祈りで伝える「想い」 Prayers for the Sustainable World

詳細を見る

アラバマ大学主催
2019年桜まつり俳句コンテスト入賞者と作品が発表されました

詳細を見る

総会が開催されました

 2019年度習志野市国際交流協会総会が、5月19日(日)午前10時よりサンロード津田沼6階大会議室で開かれました。
 前年度事業報告と決算、新年度事業計画と予算、会則の一部改正、役員の選任が議案通り承認されました。出席者74名。
 終了後、懇親会「会員のつどい」が開かれ、親睦を深めました。

日本語教室からのお知らせ

「ふれあい掲示板NEWS」6月号を発行しました。

第58回世界の料理教室が開催されます。

日時 2019年6月28日(金)10:00~
場所 菊田公民館 調理室
申込 習志野市国際交流協会事務局

詳細を見る

日本語教室からのお知らせ

「ふれあい掲示板NEWS」5月号を発行しました。

会報「スクウェア」125号が発行されました。

こちらからカラー版がPDFでご覧になれます。

詳細を見る

日本語教室からのお知らせ

「ふれあい掲示板NEWS」4月号を発行しました。

総会にご出席ください

2019年度総会が開催されます。会員の皆様の出席をお待ちしています。

日時 2019年5月19日(日)10:00~
場所 サンロード6階大会議室(昨年とは会場が変わります)

◎終了後、懇親会「会員のつどい」が開かれます。こちらもご参加ください。

『学校からのおたより』をご利用ください
-----7カ国語の連絡文翻訳冊子がご覧になれます

学校からの連絡文を多言語に翻訳した冊子『学校からのおたより』をご存知でしょうか。
 これは日本語を母語としない児童・生徒および保護者と、教育関係者の相互理解を深めるために、公益財団法人ちば国際コンベンションビューローが作成したものです。
 英語、スペイン語、中国語、韓国・朝鮮語、ポルトガル語、タイ語、ベトナム語の7カ国語版がそれぞれ1冊になっています。
 当財団よりNIAに2セットが贈られましたので、ぜひご利用ください。NIA会議室本棚に置いてあります。また千葉県国際交流センターのホームページからもダウンロードできますので、ご利用ください。

詳細を見る

2019年度語学講座受講生募集のお知らせ

韓国語、中国語、英語(2クラス)の講座を5月より開講します。

詳細を見る

受講申込書